生活

【卒業式】金欠でも袴を着る方法【レンタルより安い】

大学の卒業式というと、袴ですよね。

基本的にご家族が着せてくれたり、おうちにある振袖を利用すると思います。

しかし私のように、親と縁を切って家出している人は袴を自分で準備しなければなりません。

ここで一つ問題があります。高いんです。

今回は、そんな高価な袴をなんとしても着たい方に向けて解決策をご紹介していきます。

こちらの動画でわかること

  • 袴一式揃えた場合の値段
  • 安く済ませるにはどうしたらいいか

注意!

着物に誇りを持っている方や、正しい着方をご存知の方にとって今回の記事の内容は不快になると思われます。

お金がないけどどうしても袴を着たい方に向けての記事となりますので、正しい着物の知識をお求めの方はブラウザバックをお願いいたします。

 

とにかく最低限のものを揃える

袴のレンタルはものすごく高いです。5万円くらい平気でします。

しかし家を出ていて金銭的余裕のない私は、必要最低限のものを揃えました。

そこで金欠の我々がするべきことは一つ。

なるべく安く袴一式揃えることです。

これさえあれば着れる!

  • 着物(訪問着)
  • 長襦袢(半襟付き)
  • 衿芯
  • 腰紐(最悪ストッキングでなんとかなる)
  • 伊達締め(100均の腰用サポーターでなんとかなる)
  • 半幅帯
  • 編み上げブーツ

袴を着るのに最低限必要なものは以上です!!これさえあればなんとかなります。

全て揃えた場合の金額は約1万2千円。

レンタルの4万円と比べてもかなり安く済みますね。

それでは詳しく見ていきましょう。

着物(訪問着)

着物はラクマなどのフリマアプリで探せば2200円くらいで売られています。

その中から気に入った柄のものを探し出し、目立つシミが無いかどうかを確認して購入しましょう。

注意ポイント

必ず「袷」の着物を購入しましょう。「訪問着」という記述があればベストです。

「袷」とは、簡単に言えば裏地が付いていて冬に着れる着物のことです。

また、袷とは違う種類で「単衣」というものがあります。

単衣は冬に着るには適さないので、間違えて購入してしまわないように注意しましょう。

「訪問着」という記述があれば、フォーマルな場所に着ていける着物ということになります。

「小紋」はカジュアルな印象になってしまうので避けてください。

ポイント

購入する前に、スクショをとって知恵袋で「卒業式に着たいけどこれ着て行っても大丈夫?」と質問してみましょう。

私も着物に関しては詳しくないので、着物を購入する前に知恵袋で質問しました。

1人ではなく、複数人からOKが出たら購入してくださいね。

 

長襦袢(半襟付き)

長襦袢は着物の下に着るものです。

長襦袢の下にも肌着を着ますが、肌着は金欠民はヒートテックで大丈夫でしょう。

「半襟」というのは、着物と肌の隙間に少し見える白い襟のことです。

半襟付きの長襦袢は、楽天で安く販売されています。

半襟と着物の襟の間に「伊達襟」というものがあります。

これは無くても大丈夫なので省略できますが、着物を豪華に見せたい方は伊達襟についても調べてみてください。

 衿芯

「衿芯」とは、長襦袢の半襟の部分に滑り込ませて使うものです。

襟を立ててくれるので、ピシッと着ることができます。

腰紐

 長襦袢や着物を固定するための紐です。

腰紐は3〜4本程用意しましょう。

金欠ポイント

お金がなくて腰紐も買いたくないという方は、ストッキングでも代用可能です。

100円ショップか、使い古したパンストを2着用意して、真ん中からハサミで切断します。

そうするとあら不思議!即席腰紐4本が完成します!

伊達締め

 腰紐で固定した後、襟がずれてしまわないように固定するものです。

こちらも100円ショップで販売されている腰用のサポーターで代用可能。

セリアやダイソーに行けば置いてあると思うので、マジックテープ付きのサポーターを購入してみてください。

半幅帯

半幅帯は、浴衣を持っている方なら所持しているかもしれませんね。

持っていない方は、楽天で安く購入できるので、チェックしてみてください。

こちらなら1000円以下で半幅帯を購入することができます。

袴も楽天を頼りましょう。

レンタルだと4000円はする袴ですが、楽天で購入すれば2500で済みます。

しっかり足の長さを測ってから購入してくださいね。

ブーツを履く方は短めのものを購入すると格好良く着こなせますよ。

編み上げブーツ

 編み上げブーツも楽天で購入すれば比較的安価にゲットできます。

もっと安いのがいいという方は、しまむらのブーツコーナーに行ってみてください。

2700円くらいの編み上げブーツが置いてありました。

 

一式揃えたら動画を見て着付け練習

節約のためならなんでもできる!という精神で袴の着付け動画を見まくりましょう。

おすすめは着物にまつわる情報を紹介している着付け講師のすなおさんの動画です。

私はこの動画を見まくって練習しました。

数回繰り返して着ていると、だんだん慣れてきて着られるようになるので、頑張って練習してみてください。

美容室で着付けてもらう場合

美容室で着付けてもらう場合は、腰紐や伊達締めなどをしっかり揃えていく必要があります。

お金がかかってしまいますが、綺麗に着たい方は一式必要なものを揃えて美容室へGO!

袴セットの販売も

袴セットの販売もされているので、ぜひこちらのご確認ください。

 金欠でも袴を着ることはできる!

お金がなくても、せっかくの卒業式くらい袴を着たいですよね。

袴を安く着るために、ものすごい時間をかけていろいろな情報を調べました。

私と同じように苦労している方の救いになれればいいなと思っています!

私のように(多分いない)家出していてもなんとかなる1万2千円で袴一式揃える方法をご紹介しました。

 

-生活
-

© 2021 めやんブログ Powered by AFFINGER5