Webライター 記事一覧

初心者Webライターは必読!読みやすい文章の書き方を徹底解説

 

 

こちらの記事では、初心者Webライターが押さえておくべき文章を書くときのポイントを解説していきます!

私は未経験の状態からWebライターを始め、2ヶ月目に月5万円を達成しました。

完全未経験・初心者Webライターでも書ける、読みやすい文章の「ポイント」をいくつかご紹介していきます。

 

こちらの記事を読むことで

読みやすい文章を書くためのポイント

これをすれば文章が垢抜ける!大人っぽい文章を書くためのコツ

これらのことがわかるようになっていますので、ぜひ最後までご覧いただけると嬉しいです!

 

読みにくい文章と読みやすい文章

皆さんは、読みにくい文章と読みやすい文章に遭遇したことはないでしょうか?

まずは読みにくい文章の例からご紹介します。

読みにくい文章の例

漢字が多過ぎると文章が黒く見え非常に読み辛い文章と成り、文中に句読点が少なかったり行間が無さ過ぎるのも読み辛い文章の典型的な形と成ります。一文が長過ぎる事で主語述語が入り混じり一度読んだだけでは理解が難しい文が出来上がって仕舞います。句点の後ろは出来る限り改行して一文は短く簡潔に述べることを意識する事で格段に読み易い文章を執筆する事が出来ると思います。

いかがでしょうか?なんだか黒っぽくて読みにくいですよね。

次は、読みやすい文章の例をご紹介しますね!

読みやすい文章の例

読みやすい文章というのは、簡潔なものが多いです。

1文を50文字以内に収めると読みやすい文章に仕上がります。

それぞれの文章を認識しやすくする為に行間を入れたり、句読点を上手に使ったりすることを意識しましょう。

 

読みにくい文章の特徴3選!

ここからは読みにくい文章の特徴3つを解説していきたいと思います。

まずは先ほどの「読みにくい文章の例」を見てみましょう。

読みにくい文章の例

漢字が多過ぎると文章が黒く見え非常に読み辛い文章と成り、文中に句読点が少なかったり行間が無さ過ぎるのも読み辛い文章の典型的な形と成ります。一文が、長過ぎる事で、主語述語が入り混じり、一度読んだだけでは理解が難しい文が、出来上がって仕舞います。句点の後ろは出来る限り改行して一文は短く簡潔に述べることを意識する事で格段に読み易い文章を執筆する事が出来ると思います。

読みにくい文章の特徴その1  漢字が多すぎる

こちらの文章が読みにくい1番の原因は、漢字が多すぎること。

漢字が多いと画面が全体的に黒くなってしまい、ぱっと見で読む気が失せますよね。

一般的に、本来の意味から離れた漢字はひらがな表記をすることが知られています。

 

例えば、

「読み易い文章を執筆する事が出来る。」

書き直すと…

「読みやすい文章を執筆することができる。」

となります。「事」という漢字を「こと」に直したり、「出来る」という漢字を「できる」と直したりしました。

これだけで文章の堅苦しさがなくなり、読みやすくなりますね。

ちなみに文字を漢字で表記することを「閉じる」といい、ひらがなで表記することを「開く」と言います。

 

読みにくい文章の特徴その2  句読点が少ない or 多い

皆さんも文章を書いたり読んだりする際に用いる「、」。

この点は「句読点」といいますが、句読点を打つ箇所が文章の読みやすさに大きく影響してきます。

 

句読点が、多すぎると、このように、文章が、細切れに、感じて、読みづらいと思います。

逆に句読点が少なすぎても文章の切れ目を感じることができなくてどこに注目すればいいのかわからないと思います。

 

適切な場所に句読点を打つことで、文章にリズムが生まれて読みやすい文章ができあがります。

 

読みにくい文章の特徴その3 1文が長すぎる

1文は、なるべく50文字〜60文字以内に収めましょう。

文章を書く際に気をつけなければならないこととして「一文一義」というものがあります。

一文一義とは、1つの文中で1つのことだけを述べるという意味です。

こちらの記事がわかりやすくてオススメです。

文章を書く時は、主語と述語が1:1の割合になるように気をつけましょう。

一文一義については、クラウドワークスのWebライター検定3級でも取り上げられる問題です。

こちらもCHECK

Webライター検定3級に必ず合格する勉強法

続きを見る

大人っぽい文章を書くためのコツ

ここからは少しステップアップして、読みやすく大人っぽい文章を書くためのコツをご紹介します。

Webライティングでは、読み手を納得させる文章を生み出す力が必要になります。

いかに読みやすく、論理的に文章を書けるかが初心者Webライターの活躍のカギになりますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

文末の種類を増やす

「〜しました。〜しました。〜しました。」

このように同じ文末が何度も続くと、やる気のない小学生が書いたような文章になってしまいます。

「〜しました。〜です。〜でした。」

このように文末の種類を増やし、リズムに変化をつけることで読み手は退屈せずに読み続けることができるのです。

 

濁す表現はNG

「〜だと思います。」

「〜だそうです。」

自分が書いた情報にイマイチ自信が持てない時に使ってしまう表現ですね。

しかし「だと思います。」という表現は、読み手からの信頼を失うことになってしまいます。

自分の感情ではなく事実を書く場合は、濁す表現をせずに言い切りましょう。

 

文章ダイエットをする

文章を書き慣れていない方だと、無意識に文章を引き延ばしてしまいがちです。

「〜ということができる」

「〜ということである」

できるだけこれらの言い回しは避け、接続詞もできるだけ省くと文章が引き締まります。

 

接続詞の後ろに句読点を入れない

「そして、彼はこう言った」

「しかし、彼はこう言った」

このように「接続詞、主語」という組み立てをすると、子供っぽい文章になってしまいます。

「そして彼は、こう言った。」

「しかし彼は、こう言った。」

このように「接続詞 主語 、」にした方が文章が洗練されて見えます。

 

長くて黒っぽい文章は読み手のやる気を削ぐ

いかがでしたか?読み手が読みやすい文章を書くには、文章の第一印象を良くしなければなりません。

読み手が読みやすいと感じるのは「速く読める」「理解しやすい」「内容が頭に残る」文章です。

漢字とひらがなのバランス

句読点の数

1文の長さは50文字〜60文字

文末の種類

濁す表現はなるべく使わない

文章を引き伸ばさない

接続詞の後ろに句読点を入れない

読みやすい文章の書き方、基本の7つを頭に入れて文章の上達に活かしてみてくださいね!

 

読みやすい文章の書き方がギュッと詰まった本

今回ご紹介した「読みやすい文章の書き方」がギュッと詰まったオススメの本をご紹介します。

私の文章の書き方はこの本から成り立っていると言っても過言ではありません。

常に手元に置いてあるので、文章に困った時はいつも頼っている本です。

新しい文章力の教室

楽天で購入する

初心者Webライターの方にはもちろん、学校の作文やレポートなどにも使えるので、文章を書くことに苦手意識を持っている方にもオススメです。

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました!

質問やご感想、コメントにてお待ちしております。励みになります 😳

お仕事の依頼もコメントまたはお問い合わせフォームにてお待ち致しております。

-Webライター, 記事一覧
-,

© 2021 めやんブログ Powered by AFFINGER5